歩きスマホを見ているとイライラしてしまうことがある

駅階段

最近ようやく歩きスマホが社会的に注目されるようになってきました。

中には条例化した区もあります。

歩きスマホはなぜ人をイライラさせるのか

条例化は様々な議論を呼んだようです。

素朴な所で、個人個人何か見ているだけでイライラした経験を持つ人は多いと思います。

ある青年のフィクション

青年は、別に急いでいるわけでもなく駅ナカを歩いていました。

駅には多くの人が往来しており、少し気を抜くと誰かにぶつかってしまいそうでした。

杖をついている方もいれば、ベビーカーを押す方もいます。

青年はいっそう気をひきしめて歩くのでした。

ところが階段を上ろうとすると、何か前の人がゆっくりとしていてまるで進みません。

杖をついているわけでもなく、若い方です。

どうやら歩きながらスマートフォンを操作していたようです。

その人は青年の存在には気づかず、とにかくゆっくりふらふらと階段を上るのでした。

階段を上る動きは予測不能

青年は左側から追い越そうとしましたが、なぜかタイミングよくふらふらっと左に体が傾き道をふさがれるのでした。

青年はついに「危ないじゃないか!」と怒ってしまったのです。

しかし、若者はその声にも気づかず、ふらふらとゆっくり階段を上るのでした。

回想:青年はなぜイライラしたのか

よくありそうな日常場面です。

ですがイライラする人は少なくはないと思います。

この場合、「危ないじゃないか!」というセリフそのもののように思います。余りに身勝手という憤りが感じられる一言です。

青年はもしぶつかってしまったとしても大事にはならないでしょう。しかし、ベビーカーや杖をついている方にとってはどうでしょう。

ましてや階段ですから大惨事になるかもしれません。

これは、回転寿司の話とはまた違う意味をもつエピソードです。

このような場合、ある種、怒りを覚えられる人の存在は社会において貴重となります。しかし、抗議したことにより逆に暴行を加えられるような別件もあり、葛藤を生むテーマでもあります。

参考サイト:東京消防庁

Author: banal