マッサージに行くタイミングについて

早めに予約しよう

昨今流行りのリラクセーションのお店に赴くことで、疲れを癒そうとしている人も少なくはないと思います。

都内では、駅の中にオープンしているお店がありますが、混んでいて当日予約が難しいこともありますから、かなり需要があるのだと思います。

ヘトヘトになる前にマッサージに行く

これまでにも、疲れに関するテーマは扱ってきましたが、どのくらいの疲れ具合の際にマッサージに行ったらよりちょうどよいケアになるのでしょう。

私もマッサージに行くことがありますが、その体験談として書きます。あくまで個人的経験ですので参考程度にお考えください。

軽い疲れを感じた時の体験

その日は、肩こりが多少感じられ、やや疲れが溜まっていることを自覚していました。そこで、15分程度の短時間でお願いしようと予約したのでした。

15分では、物足りないだろうなあ・・・と思っていましたが、予算も大事なことです。

結果は、かなり弛んだ感触が強く得られました。むしろこんなに疲れていたのか・・・とびっくりしました。

15分でもずいぶん変わるものです。

ヘトヘトになった時の体験談

一方、まさに背中が一枚岩のようになったところで、45分コースを予約しました。

前回よりも疲れが強い事はよく自覚していましたが、その分時間を長くすれば大丈夫だろうと考えた結果です。

ところが、45分しっかりほぐしていただいたにも拘わらず、あまり変わり映えはありませんでした。

予算的にも倍です。

まとめ

この二つの体験からは、短時間でも早めに手を打つ方が良さそうに思えます。

前者では、まだ肩とか肩甲骨の境界線が意識出来ましたので、マッサージ後のセルフケアもやりやすかったように記憶しています。

もう一つ特筆しておきたいのは、「無理してもあそこでほぐしてもらえば大丈夫!」などというおごりたかぶった結果という風にも解釈できます。これは現代人にありがちな発想かも知れません。

栄養剤を飲めばまだやれる!という勘違いにも近い話です。

また、「明日はたっぷり眠れるから、今日は夜更かししても大丈夫!」これも、最近はなるべく避けるようにしようと思っています。

関連サイト

せっかく生まれたその余裕は、活用しなくてもそのままでいいじゃない

 

Author: banal