職員研修の案内文にも工夫が必要

職員研修を開催する場合の案内文のサンプルです。

職員研修の開催を知らせる案内文のサンプル

 

関係各位第3回職場内研修会のお知らせ

 

2015年×日

 

研修タイトル:「職場で使えるリラクセーション」

 

今回の研修は、臨床心理士の◇◇さんにご担当いただきます。

内容は下記の通り2部構成で行います。万障繰り合わせの上ご参加ください。

 

第1部 「ストレスについて」

 

10:00~12:00:ストレスに関する講義

 

前半は、パワーポイントを使っての講義になります。

 

12:00~13:00:休憩 お昼は各自でご準備下さい。

 

第2部 「漸進的筋弛緩法を使ったリラクセーション」

 

13:00~15:00:リラックスする具体的な方法の実技

(若干体を動かします。動きやすい服装でご参加下さい。会場に更衣室はありません。着替えを済ませてお集まりください。)

※実技も含みますので、なるべく途中退室や遅刻のないようにお願いいたします。

 

案内を作成する上での留意点

 

これは、もちろんごく一例であり、開催趣旨や対象によって文言を工夫しなければなりません。

例えばこの案内では、遅刻がないようにと書かれていますが、これは顰蹙を買う可能性があります。

 

職場内での研修はたいてい業務の合間を縫って忙しく参加する事が多いものですから、遅刻厳禁の様な文言は常識的には通っても、現場によってはモチベーションを削ぐだけの表現になってしまいます。

 

案内の段階からそれは研修会の成否に関係していると考えて推敲する必要があるでしょう。

 

Author: banal