休憩を上手く使いたい

休憩j所

炎天下の地獄のような暑さの中でも、祭りで神輿を担ぐ人がいます。

とても最後まで体力が持ちそうにありませんが、休憩を上手く活用しているからやり切れるのではないかと見ています。

これは勉強や仕事の休憩にも応用できることがありそうな話です。

休憩を上手く使うとは

神輿を担いだ経験のある方はどのくらいいるでしょう。

神輿と言っても、重量も違えば担ぎ手の人数、性別、体格によっても一人にかかる負担は異なります。

とにかく、その重い神輿を担いで2㎞ほども練り歩くとしたらどうでしょうか。

神輿の担ぎ手は5分に一回休憩していた

ある祭りでは、やはり神輿を担ぎます。

しかし、必ず区間ごとに休憩時間が設けられており、麦茶なりスイカなりが振る舞われるのです。

ギリギリの極限状態まで我慢してようやく休憩というよりは、「もう休憩?」と拍子抜けするくらいのことがあります。

その調子で、次の区間でも、その次の区間でも休憩するのです。

気が付くと、炎天下を長い距離進んでいたことに気づかされるのです。

そして確かに疲れています。

あくまで一例だが興味深い

これは、あくまで休憩の一例でしかありませんが、非常に興味深い内容です。

長い距離を担ぎきる自信がなかった人でも、担ぎきれてしまったと不思議に思う事でしょう。

早すぎるくらいの、しつこ過ぎるくらいの休憩がこの場合は功を奏したわけです。皆で倒れず担ぎきれたのです。

もちろん、休憩などいらないと感じた人もいたのでしょう。

ですが、そのような人でも休憩を取っていなかったらどうなっていたかはわかりません。

長い歴史の中で、この位の休憩が妥当だと判断されてきたのではないでしょうか。

思うのは、ハードルが高く圧倒されそうな課題を直面した時でも、コツコツ進めて行けば時間はかかってもやり切れるというモデルになるということです。

やはり休むことは大事な意味がある

休んでばかりで進展していないと消極的に言うのは、考え直さなければならないかもしれません。

家を建てる大工さんが、小まめに休憩を取っている姿を見たことがありますが同じ理屈だったのだと思います。

あれは、周囲の人からすると「もっと急げないのかな・・・」などと思ってしまうものですが、大きな家を人の力で建てるには休憩が必須なのでしょう。

また、「家の職員は休憩ばっかりしてて仕事が進まない!」などというぼやきも良く聞きます。

もしかすると、それはさぼりではなく、最後まで完遂するために必要なことなのかもしれません。

Author: banal